唐澤貴洋

提供: 例のアレ辞典
Jump to navigation Jump to search

唐澤貴洋(からさわ たかひろ)とは、日本の弁護士。ネット上では長谷川亮太(なんJのハンドル、八神太一)に対しての誹謗中傷に関する2chのスレ、レスの投稿者のIPアドレス開示騒動で有名になった。

概要[編集]

青年時代、弟を地元のヤンキーに殺された悔しさから、「理不尽と戦いたい」という思いから弁護士を目指す。(本人談) 2011年に「恒心綜合法律事務所」を持ち独立し、主にIT・誹謗中傷などを取り扱うようになっていった。

ハセカラ騒動[編集]

2012年頃、ネット上で2ちゃんねる掲示板内の板、「なんでも実況J」(※以下、なんJ)板で不謹慎発言や自分語りを行い荒らしていた固定ハンドル、八神太一(長谷川亮太)が特定され、彼に対するなんJ民のヘイトが爆発し、誹謗中傷されるようになっていった。 そこで彼は絶えない誹謗中傷に対し、弁護士の唐澤貴洋に誹謗中傷のレス、スレ投稿者IP開示請求を依頼した。 唐澤は依頼に答え、投稿者のIPを次々と開示していくが、その開示した大半の投稿が私怨による開示であり、さらにはテストスレすらも開示してしまう始末であった。この頃から唐澤氏は徐々に「無能」と疑われ始めたのである。