実家のような安心感

提供: 例のアレ辞典
移動先: 案内検索

実家のような安心感(じっかのようなあんしんかん)とは、誘惑のラビリンス第三章(迫真空手部)の冒頭のシーンに付けられるコメントである。この場面は多数の動画に使用されており、繰り返し視聴した淫夢厨はこのシーンに実家の玄関を開けた時のような懐かしさと安心感を感じるとされる。

概要[編集]

実家のような安心感

「迫真空手部」ことBABYLON STAGE 27 誘惑のラビリンス 第三章「空手部・性の裏技」の冒頭、野獣MURKMRの三人が和室でジャージを脱ぎ始めるシーンにニコニコ動画で付けられるコメント。野獣の「ぬわああああああん疲れたもおおおおおおおん」の台詞から始まるこのシーンは多数の動画で使い回されており、繰り返し視聴した淫夢厨の脳裏に焼き付いてしまっている。そのため淫夢厨がこのシーンを視聴する際にはある種の懐かしさ、実家の玄関を開けたときのような安心感を感じるとされる。

初出不明。類語に「親の顔より見た光景」「おまたせ」「いつもの」「こいついつも疲れてんな」などがある。