折伏

提供: 例のアレ辞典
Jump to navigation Jump to search

折伏(しゃくぶく)とは、仏教用語で「相手の誤りを強く否定して改めさせる」ことを言う。現代では主に日蓮正宗創価学会が教団の勧誘活動をこう呼んでいる。

エア本界隈においては座談会と並んで有名な用語である。

概要[編集]

仏教において相手を説得して考えを改めさせることは「摂受(しょうじゅ)」「教化(きょうけ)」などと呼ばれる。対して折伏とは、相手の間違いを強く否定して改めさせることを言う。考えを改めさせるというのは信仰を改めさせるということでもあり、入信させるという意味合いで使われることもある。

日蓮正宗および日蓮正宗系の宗教団体(創価学会冨士大石寺顕正会など)では、信者獲得のための勧誘活動を折伏と呼ぶ。

創価学会[編集]

主には「座談会来ない?」という呼び出しのパターンと「倉地くんいますかー!」という訪問のパターンがある。創価学会は主に知り合いづての勧誘が多く、無差別な家庭訪問などはあまり行われていないらしい。