モバイルSTB

提供: 例のアレ辞典
ナビゲーションに移動 検索に移動

モバイルSTB(モバイルエスティービー)とは、創価学会で使用されている持ち運び可能な映像視聴装置。テレビに接続して使用する。STBはセットトップボックスの略。

概要[編集 | ソースを編集]

創価学会の会合において映像を視聴するための装置。SOKAチャンネルVODで配信されている動画を観ることができる。会館の大広間などに設置されている映像視聴装置のモバイル版、ということらしい。

本体にストレージ(記憶領域)が搭載されており、インターネットに接続できる環境で事前に映像をダウンロードしておけば、あとはテレビと電源のある環境ならどんな場所でも映像を視聴できる。

当然ながら一般販売などはされておらず、信濃町の本部から各地区の部長級(地区部長、地区婦人部長、地区リーダー)に配布される。

用途[編集 | ソースを編集]

主には会員の自宅で行われる会合で使用される。折伏で対象者に映像を見せたり、会館においても専用設備のない部屋で映像を視聴するために使われることがある。

創価学会の日常の会合は会館で行われるもののほか、座談会を始めとして会員の自宅で行われるものがある。その会合においても映像を視聴したいというニーズがあり、過去にはビデオテープやDVDなどが使用されていたようだが、2018年現在はすべてこのモバイルSTBに置き換わっている。これは会場となる会員の自宅に必ずしもプレーヤーなどがあるとは限らないことや、メディア配布のコスト、そして何より映像のネット流出への対策として行われたものと思われる。

仕様[編集 | ソースを編集]

仕様は下記のようになっている[1]

  • ネットワーク接続
    • 無線LAN(WPS対応)
    • 有線LAN
  • 端子類
    • HDMI端子×1
    • LANポート×1
    • USBポート×1
    • 電源端子×1
  • 電源
    • DC5V(ACアダプター付属)
  • その他
    • 赤外線リモコン付属

注記[ソースを編集]