後藤輝樹

提供: 例のアレ辞典
ナビゲーションに移動 検索に移動

後藤輝樹(ごとうてるき)は、2020年東京都知事選挙ほか、複数の選挙に立候補した人物[1]。政見放送で奇妙な言動を繰り返していることから、例のアレとしてネタにされている。

概要[編集 | ソースを編集]

公職の選挙に立候補すると本人の費用負担なしで「政見放送」を行うことができることになっており[2]、国政選挙ではNHKによって全国に放送され、地方選挙でも東京都知事選挙など注目度の高いものは多くの国民に視聴される。更に、公職選挙法の規定により、テレビ局は録画した映像をそのまま放送しなければならない[2]。これを利用して、後藤は通常のテレビ番組では放送されないような言葉を連呼するなどの行為を行っている。しかし、テレビ局側も公職選挙法第百五十条の二の規定[3]を根拠として音声の一部のカットを行っている。

政策[編集 | ソースを編集]

  • 皇紀を日本の暦の標準にする[4]
  • 男系天皇の流れを絶対に護る(女系天皇に反対、男系女性天皇には賛成)[5]
  • 日本の国柄を破壊する反日フェミニスト(反日フェミニズム)を撲滅する[6]

立候補歴[編集 | ソースを編集]

2016年東京都知事選挙[編集 | ソースを編集]

得票率0.1%で落選、供託金300万円は没収。

これからおやすみの方も、お目覚めの方も、そして偶然この映像を目にしてしまったあなたも、ようこそごきげんよう。後藤輝樹のポコチンの時間です。

引用元:字幕付き【ノーカット ピー音なし】後藤輝樹の政見放送

2020年東京都知事選挙[編集 | ソースを編集]

「愛してる」という挨拶を日本に普及し、靈氣(レイキ)の義務教育必修を目指す、この国の表現の自由を守る愛国左翼 トランスヒューマニスト党 featuring世界政府@地球幸福

「トランスヒューマニスト党」を名乗って立候補。得票率0.36%で落選、供託金300万円は没収。TOKYO MXでは政見放送の音声の一部がカットされた。

注記[ソースを編集]