TDN表記

提供: 例のアレ辞典
ナビゲーションに移動 検索に移動

TDN表記(ただのひょうき)とは、ただのをTDNとするように、ホモビに出演した者の実名または役名を表記するのを避けるために使われる表記方法である。現在ではホモビに出演をしていなくてもクッキー☆声優や淫夢に関連した有名人[1]である場合、TDN表記が使われる場合がある。しかし野獣先輩など、一部はTDN表記を用いず普通に表記する。

表記方法[編集 | ソースを編集]

注釈で詳しい表記方法や例外を示している。

  • ただの→TaDaNo→TDN
  • みうら→MiURa→MUR[2]
  • あきよし→AKiYoShi→AKYS[3]
  • しんじょう→ShiNJo→SNJ[4]
  • ごう→Go→GO[5]
  • だいぼう→DaiBo→DB[6]

注記[ソースを編集]

  1. NSDR兄貴などがその代表的な例である。
  2. あいうえおなどは母音だが略さない。
  3. ふつうShiやChiやTsuやsyaのhやsやyは除く。OGRSYNなどは例外。
  4. んはNに変換。ouの発音系はJouをJUにはしない。
  5. G一文字では分からないため。
  6. 1章発掘当時は漢字一字に一アルファベットを当てはめていたが谷岡がTOになるためそれ以来ひらがなが基準となった。DBはその名残である要出典